全体を交換する

畳の張替えには、「表替え」があります。
表替えは、裏返しの張替えをすでに終えた畳に行なう張替えです。

表替えの特徴は、畳の表面に張ってある畳表を再利用するのではなく、畳表そのものを交換する方法です。
その為、それまで使用していた畳表とは違うタイプの畳表に交換することもできます。
例えば、以前よりも更に強度の強い畳表に張り替えれば、こどもやペットが居る日常でも、畳を綺麗に保てます。

必要になる

日本ならではの設備として外せ無いのは、畳だけではありません。
その他にも、「ふすま」があります。

ふすまは、枠組みに「紙」が張ってあり使用年数と共にしみ、穴あき、色あせなどが生じます。
その為、畳と同じようにある程度の使用し続けたならば、張替えが必要になります。

費用の違い

縁付ふすま、太鼓ふすま、源氏ふすま等と様々な種類があるふすまですが、そこに張る紙の種類も様々です。
また、この紙の種類によってふすまの張替えにかかる費用は異なります。
例えば、「鳥の子」と呼ばれる紙ならば、機械で生産していることもありリーズナブルな価格で張替えが行えます。
中には片面の張替えがわずか1.500円程でできるものもあり、安く済ませたい場合には最適です。
逆に、ふすまの張替えにとことんこだわりたい場合は、それなりの費用をかけるのも可能です。
機械ではなく手すきによって作られた「本鳥の子」の紙で張り替えれば、その費用は片面だけで「20.000円程」になります。