日本ならでは

和室

住宅に存在している設備には、その国ならではのものがあります。
日本の場合、その1つであると言えるのが「畳」です。
畳は日本ならではのものであり、畳があるだけでその空間は和風空間と仕立てあげれます。

そんな畳ですが、これは使用し続ける年月が重なるにつれ、その状態にも変化が現れます。
畳に直接座った時に、衣類にイ草がついてしまうのもその1つであり、これはイ草によって作られている畳表が古くなっているのが原因です。
その為、畳表にはイ草によるささくれができてしまい、衣類や体についてしまいます。

部屋全体のイメージ

畳

長年使用し続けてきた畳は、色あせや表面のささくれ等が生じます。
そこで、必要になってくるのが「畳の張替え」です。
畳の張り変え作業を行えば、前述したような色あせやささくれを綺麗に改善できます。
その結果、畳の見た目がよくなったりその上で快適に過ごせるようになるだけでなく、部屋全体のイメージも良くなります。

使用年数

畳の張替えといっても、これには様々な方法があります。
裏返しと呼ばれている張替えもその1つであり、これは比較的使用年数の少ない畳にとって最適な張替え方法です。
畳の張替えは、上記で述べた裏返しの他にも表替えや新規畳があり、これらは畳の使用年数によって適応されます。